Casket of TSUKUYOMI2012  

ビデオインスタレーション / 2012 / 5分ループ / 鏡にプロジェクション / φ145×h500cm=φ57xh197in.

光州ビエンナーレ2012のための彼女の新作ビデオインスタレーション作品は、日本神話のツクヨミ神を引用した2003年制作の「ツクヨミの筺」という彼女の作品の延長上にある。 ツクヨミ神は、影に含まれるエネルギーにも関連している。この作品は「花を手折って髪に挿すという行為は花の表面的な美しさだけではなく、花の生命力そのものすら取り込もうとする魔術的な行為なのではないか」というアイデアを基にしている。月光の粒子(物質)と粒子の波動(非物質)の関係をインスタレーションの構造に取り入れることによって、彼女は反射水面上に、解き放たれる魂を想起させる、天と地のイメージを創造する。(文:片岡真美 光州ビエンナーレ2012ガイドブック英文からの抜粋を作者自身で翻訳)

tsukuyomi
figure

▲構造図、この作品では、天井、鏡、床面に3つの月を見ることができる。

▼左&中:記録写真、右:制作のためのドローイング

tsukuyomi